おれはアクセスを集めることは苦手だ。
正直に言うと、こうするとアクセスが集まるという手法を確立できていない。

しかし、少ないアクセスでも成果をあげることが出来てきた。
1日に20アクセスくらいあると、ポツポツと成果が発生し出すようになる。
これって一般的にどうなのかわからないが、自分としてはそんなに悪くはないんじゃないかと思っている。アクセスを集めるのは下手だが、コンバージョンをあげるサイトを作ることは得意なのかもしれない。

少ないアクセスでも成果が上がっているサイトにはどれも似かよったパターンがある。
初心者をターゲットとし、サイトの作りはミニガイドブック的なものだ。
キーワードも「選び方」や「申し込み方法」などのほうがコンバージョンしやすい。価格やスペックの「比較」はアクセスはあってもコンバージョンまではなかなか進んでくれないように感じている。

アフィリリンクはさりげなくテキストで入れるのがイイと言う人もいるが、おれは逆の場合が多い。はっきりとアフィリリンクを置いて、詳しくは公式サイトを見てくれと、ちょっと強めに誘導するようにしている。

このような方法をとるべきだ、と言っている訳では無い。運営しているサイトによってそのサイトに適してる方法ってのがあるだろうから、うまくいかない時はいろいろトライしてみるしかないのだ。少なくてもアクセスが来ているのであれば、簡単にあきらめずに調整していくことが重要だと思う。

1日のアクセスが20を超えてきたら、アクセスが少ないと嘆くのではなくて、成約率をアップさせるような工夫をしてみてはいかがだろうか。

いちばん最初に工夫するべきことは、ターゲットを見直し、絞り込みをしてみることだ。

『どんなユーザーに何を伝えたいのか』

おれの場合は、こんなユーザーに対してこんな風にすることが多い。

『すでに欲しい商品、または使ってみたいサービスが決まっているんだが、自分に使いこなせるのかどうか不安を感じているユーザーに向けて、わかりやすく丁寧にその不安は無用だということを伝え、一押ししてあげる。』

そんなページをサイトの中にキラーページとして用意する。
この切り口がハマっていれば徐々に成約が取れてくるだろう。成約が取れなければ、もう一度切り口を再考してみてトライして行く。

結局は、
・ターゲットは間違っていないか?
・切り口は間違っていないか?

この2点について成果が発生するまであきらめずに調整を繰り返してやってみることしか無いと思う。

前提は、1日に20アクセス以上来ている場合ということになるけれど・・

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。