おれはつくずく思うんだが、
アフィリエイトって、アクセル全開で突っ走っていっても大ケガしない、一般的にはあまり無いちょっと珍しいビジネスモデルなんだと思う。

普通の商売であれば、売上げが増えてうまくいくと、それに伴って実務も増えていく。うまくいけばいくほど忙しくなっていく訳だ。

売上が増えていくことでいろんな問題も増えていく。
販売に伴う作業の問題。クレーム対応の問題。代金回収の問題。商品在庫の問題。仕入と支払いの問題。そして一番の問題は規模を拡大した後の売上減のリスクを抱え込む問題だ。

アクセル全開で臨むということは、販売体制もマックス時に対応出来るだけの準備を怠らないということだ。しかしどんな商売もいつまでも上向きでいけるなんてあり得ない。そこにチャレンジするのであれば多くのリスクを抱え込む覚悟が必要になる。

しかしだ! アフィリエイトには上記のようなリスクはほとんど無い。
売上が増えることで増大する実務の問題は広告主側の問題であって、アフィリエイターに影響してくることはほとんど無い。

売上が増えるチャンス時には躊躇なくアクセル全開で攻めることが出来るのがアフィリエイトの魅力だろう。そんなことが可能なビジネスモデルだからこそ個人レベルのアフィリエーターが月に200万、300万と収入を得ることも可能なのだ。

おれが見てきたアフィリエイトブログの人たちで一気に100万を駆け上がって行ったやつらは、確かに鼻息を荒くしてアクセルを踏み込んでる迫力を持っていた。

ところがおれは、心のどこかで「こんなもんでいいや」ってのがあって、今までアクセル全開でやった瞬間ってのが無いのかもしれない。
アクセルを踏んでもいいのに踏み切れないおれって、じゃぁーなにが足りないんだろう?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。